衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月7日 最近のムネシゲの成長
2007年09月07日 (金) | 編集 |
9月に入ってから、積極的に歩くようになってきたムネシゲ。ハイハイでの移動はかなり少なくなりましたが、ムネシゲにとって緊急な用事(パソコンが手に届くところにある等)があるときは、すごいスピードでハイハイしています。

また、今週の月曜に久しぶりに玉子ボーロを与えてみると、おいしそうに食べていました。前は口からべぇっと出していたのですが、0号の手から奪うようにして食べています。0号の手のひらに2つ玉子ボーロを載せると、両手に持って1こずつ口に入れます。しばらく2つずつ与えていたのですが、本日試しに3つ手のひらに載せてみました。

いつもどおり2つを両手で持ったムネシゲは、0号の手のひらに残っている1つをじっと見つめていました。どうするのかな?2つ食べてしまってから残りの1個に手を出すんだろうか?とムネシゲの様子を見ていると、左手に持っていたのを床に置き、0号の手のひらから3つ目の玉子ボーロを取りました。
おいおい、床に置いたのはどうするんだ?!と笑うと、それに気付いたのか、3つ目の玉子ボーロを0号の手に戻し、床に置いた玉子ボーロを拾いました。
が、やはり0号の手の上の3つ目が気になるらしく、また左手の玉子ボーロを床において、3つ目を0号の手から取りました。
床のは?と0号が指差すと、また0号に1個ボーロを返し、床に置いたのを拾うムネシゲ。
黙ってみていたら、この後、床に置く→0号の手の平から1個とる→床のが気になって、持っているのを1個0号に戻す→床に置いたのを拾う、という動作を3回ほど繰り返していました。
ムネシゲなりに悩みながら動いているのがかわいかったのですが、これではいつまで経っても玉子ボーロが食べられないなと思って、0号の手のひらに戻された1個をムネシゲの口に入れてやりました。
晴れて2つになった玉子ボーロを満足そうに眺めて、また1つずつ口に入れるムネシゲ。赤ちゃんは赤ちゃんなりにいろいろ考えているんだな!と感心した0号でした。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。