衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月19日 たまごボーロデビューの巻
2007年05月02日 (水) | 編集 |
先日Aっぺの家に遊びに行ったときに、「たまごボーロを与えると、親指と人差し指でつまむ練習になりますよ」とAっぺが教えてくれました。確かに今、物をつかもうとするときには5本の指を熊手のように使っています。たまごボーロを食べるには、2本の指でないとつかめません。なるほど。いろいろ勉強になりますな!

ということで、ムネシゲもたまごボーロデビューすることにしました。西松屋にムネシゲの夏服を買いに行ったついでに、たまごボーロを買い求めました。かぼちゃ味とほうれん草味のボーロです。
家に帰って早速ムネシゲの前にたまごボーロを転がしてみました。いつものように5本の指を全部使ってつかもうとするものの、ボーロは転がってしまうばかりです。しばらく5本指でボーロを追いかけていましたが、そのうち親指、人差し指、中指の3本を使うようになりました。「おお!ムネシゲ学習したんだな!」と感動する0号と夫。3本指でボーロをつまんだムネシゲは、そのまま手を口に持って行きました。初めて食べる味に顔をしかめています。口に入れたボーロを出そうとしていましたが、ボーロは口どけが早くて出せないようです。

ウエェッ!という顔をしたくせに、また目の前にあるボーロに手を出そうとするムネシゲ。今度は親指と人差し指の2本でつまんでいます。そして口に持って行き、ウエェッ!という顔をしていました。思わず、嫌いなら無理しなくていいんだよ、と言ってしまいました。赤ちゃんならみんなたまごボーロが好きというわけではないのだなと知った0号でした。

そして、2本指でつまむのをマスターしたムネシゲは次々にボーロをつまんでは口に入れ、そして出し、テーブルとカーペットにはボーロの残骸が散らかっていったのでした・・・。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。