衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月21日 五月人形とYさんとの再会の巻
2007年03月28日 (水) | 編集 |
父が五月人形を買ってくれるというので、両親とムネシゲと近くのショッピングセンターに出かけました。

おもちゃ売り場には五月人形の特設会場ができていました。鎧の飾りや、兜、人形など様々です。0号の家は狭いので、ガラスのケースに入った人形を探すことにしました。兜もいいかなと思いましたが、父の「人形が兜を持ったのがいい」というアドバイスにより、それにすることにしました。兜を見ると鍬形の部分に何種類かありました。伊達政宗のものと、徳川家康のもの、あとは何でもないものの3種類です。戦国武将にうるさい夫に、だれの鍬形がいいか電話で聞いてみました。「立花宗茂はないの?」と夫。店員さんに聞いてみると、「ありませんねえ」とのことでした。立花がないならなんでもいいということで、誰のでもない鍬形のものにしました。人形はなんとなくムネシゲに似ており、男の子らしい顔です。

父にお礼を言って、お会計の間に0号は別の階にある赤ちゃん用品売り場を見に行きました。特に欲しいものもないなあとおもちゃ売り場に戻ろうとすると、母から電話が来ました。出てみると「Yさんがいるよ、おもちゃ売り場に戻っておいで!」とのこと。
リハビリで知り合った、オモロイ人Yさんが?!会いたいなあとは思っていたのですが、病院に行かないともう会えないんだろうなと諦めていたのです。なんという偶然!
急いでおもちゃ売り場に戻ると、Yさんと両親が話していました。「Yさ~ん、お久しぶりです!」と声をかけると、「あらー!」と驚いています。「やっぱり赤ちゃんていいよね~!」と言いながら0号のお腹をふと見たYさん。「あれ、もう一人入ってんの?」と0号のお腹をムニュリとさわりました。いえ、入ってないんですよ・・・」都合が悪い0号、苦笑いの両親・・・。「ちょっと、ちゃんと戻しておかないと、お腹戻らなくなるよ!」とYさん。本当です。おっしゃるとおりです。そんな話をしている間、ムネシゲは黙ってYさんの顔を見ていましたが、別れ際にニッコリ笑いました。「あら!私に笑ってくれた!」とYさん嬉しそうです。0号もほっとしました。Yさんには是非ムネシゲを見せたいなと思っていたので、本当にこの偶然に感謝です。

Yさんと別れて、歩きながら父が何かデカイ荷物を持っていることに気がつきました。見ると、鯉のぬいぐるみ。ムネシゲの背丈ほどもありそうなデカイ鯉です。
鯉はカープだから、広島カープだと思ったけど、鯉の色が黒と黄色でタイガースでしょ?」と母がニコニコしながら言いました。アハハ本当だ!家に戻って鯉を見てみると、乗って遊べるようになっていました。手綱のような紐もついています。ムネシゲが乗って遊べるようになるには、まだちょっとかかるかもしれませんが、それまではベッドで一緒に寝よう!と思いついた0号でした。名前は鯉太郎です!
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
とても微笑ましい
よいご両親ですね、
むねくんも幸せだな。
2007/03/29(Thu) 11:24 | URL  | 義弟 #-[ 編集]
ありがとね♪
五月人形、ムネに似ているから見に来てよ~v-205
2007/03/29(Thu) 23:57 | URL  | 0号 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。