衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月16日 ムネシゲ、ポリオの予防接種の巻
2007年03月25日 (日) | 編集 |
今日はポリオの予防接種の日です。
集団接種が行われる保健センターまで行って来ました。受付時間の少し前に到着したのですが、既にベビーカーがずらりと入り口に並んでおり、混雑の予感・・・。
中に入ると体温を測るための部屋に案内されました。この日のムネシゲの体温は37度。問題なしです。
体温を測り終わると椅子が沢山並んだ部屋に案内され、座るように言われました。部屋の中には80人ほどが椅子に座って待っていました。この部屋の先に問診してくれる場所があるのかと思ったら、さらに長いすが置いてあり、座って待っている人たちが見えます。まるで、ディズニーランドのアトラクションの行列みたい・・・。待っている子供たちは、3ヶ月から7歳6ヶ月までの子供たちです。ムネシゲより小さい、首もようやく座ったような子もいれば、すでに歩いている子もいました。

行列の移動は意外に早く、あっという間に部屋を出て、長いすまできました。長いすの先には受け付けです。受付を済ませると階段を登って問診と予防接種の会場に行くように言われました。問診の部屋に入ると、また行列。うへぇ~。

問診は地域の小児科の先生が5人ほどで行っていました。問診ですでに大泣きしている子もいます。ムネシゲはどうなんだろう、と0号は心配しましたが、ムネシゲは先生に聴診器を当てられてもニコニコ笑っていました。「おや、聴診器を当てても泣かないね!丈夫な子でお母さんも安心でしょう?」と先生。確かに。デカイですので扱いやすいです。

ポリオの予防接種は注射ではなく、シロップを口の中に注入してもらいます。シロップを子供たちの口に入れる先生は「わー、甘くておいしい!こんなに美味しいものはないよ~!」と言いながら次々にスポイトで注入していっていました。ムネシゲに甘いものを与えたことがないので、どうだろうなあと思う0号。しかし、ムネシゲはおとなしくシロップを口に入れられ、飲み込んでいました。微妙な顔をしてましたけどね。

さぁムネシゲ帰ろうね、と下の階に下りていくと、すでに待っている人もまばら。なんだ、受付時間終了の間際に来れば、全然待たなくていいんだ!あの大行列を待っていた時間が勿体無かった!この反省を活かし、次の予防接種は終了ぎりぎりに行こうと思う0号でした。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。