衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月28日 父を心配するの巻
2008年10月28日 (火) | 編集 |
昨日は夫と隣の駅で待ち合わせて、夫が歯医者に行くのに付き添ってきました。夕方から豪雨だったので、傘を届けるのも目的でした。
本当は駅そばのジャスコで待っているつもりだったのですが、ムネシゲが「とうちゃ~ん」と言って離れないので、みんなで歯医者へ。

待合室には絵本や大きな歯の模型と歯ブラシがあったりして、最初はムネシゲも楽しんでいたのですが、夫が診察台へと消えると号泣…。絵本でつろうが、水でつろうが「とうちゃん、どこ~?とうちゃ~ん!!!」と泣き叫びます。

しまいに、「とうちゃん、だいじょうぶ~?!とうちゃ~ん!!!」と心配しては号泣。「いーとーまきまき」で多少ごまかされたりもするのですが、やはり途中で思い出して「とうちゃん、だいじょうぶ~?!とうちゃーーーん!!!」と診察台へ走っていこうとします。もはや、かあちゃんなど眼中にありません。
様子を見ていた受付のお姉さんが「お父さんのことが大好きなのね」と、多少呆れ顔(気のせいか?!)で言ってました…

夫の治療は結構長くて、50分近くかかりました。
ようやく戻ってきた夫に抱っこしてもらうことができたムネシゲは、もう離れたくないとばかりに抱きついて、お会計のときもギュウっとしがみついていました。

ムネシゲと二人で出かけるよりも疲れてしまいましたよ…
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。