衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月13日 たーちゃんの巻
2008年05月13日 (火) | 編集 |
ようやくムネシゲが私のことを呼んでくれるようになりました。

2月頃には「じーちゃん」をおぼえ、その後「とーたん(父さん)」、「ばーちゃー(ばあちゃん)」の順に覚えていったのですが、一向に「おかあさん」と発言しませんでした。

だから私を呼びたいときは「んーま」。

んーまって何じゃい

しかし、このゴールデンウィークでどうやら0号のことを「たーちゃん!」と呼んでいることがわかりました。夫のことを最近「とーちゃん」と呼ぶため、混ざってわかりにくいのですが、0号がいない時に「たーちゃん!たーちゃん!」と泣いていたというのです。

こりゃ本物だ。定着したのだ。

今朝も隣の部屋の扉から顔だけ出して「たーちゃん!」と笑っていました。
なかなか可愛いことをするではないか!

はやく「か」と言えるようにならないかなぁ。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。