衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月27日 笑わせ歯磨き法の巻
2008年03月27日 (木) | 編集 |
こないだ行った歯科検診で、上の前歯の磨き方を教わったのですが、そのやり方で成功したのはその日だけでした・・・。
むしろ前よりも強硬に口を開けなくなってしまったのです。自分で歯ブラシは口に入れますが、仕上げ磨きはさせてくれません。

どうしたものかなぁと考えて、とりあえず夫と二人がかりで磨こうということになりました。
無理やり磨くのは気が引けますが、虫歯になるよりマシだからと自分に言い聞かせて、夫にムネシゲの体を押さえてもらいました。体の自由は利かなくても、口はビッチリ閉じたままのムネシゲ。参ったなあと諦めようとしたその時でした。夫がムネシゲのお腹や足をくすぐりだしました。

ムネシゲはくすぐりに弱いのです!

歯磨きが嫌で口を閉じていたのも忘れて大笑いするムネシゲ。
あっ、今がチャンス!大笑いで上の前歯も丸見えなので、磨きやすい!途中で歯ブラシに気づいて口を閉じようとするのですが、くすぐったさには敵いません。
「アハハハ、アハハハ!」と笑い転げるムネシゲの歯を全部隅々まで磨きあげることができました。

それ以来、この笑わせ歯磨き法にて仕上げ磨きを行っています。
欠点は0号一人の時はムリということくらいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。