衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月26日 横着をおぼえるの巻
2008年03月26日 (水) | 編集 |
先週夫の実家へ遊びに行きました。
ムネシゲの人見知りが心配でしたが、0号が近くにいれば大丈夫。

21日には義母が休暇を取ってくれたので、義母、0号、ムネシゲの3人で姫路の動物園へ行くことにしました。動物園にはまだ行ったことがないので、どんな反応を示すのか楽しみです。

姫路城の脇にある動物園は小ぶりなものですが、キリンや象などもいます。しかし、ムネシゲは動物を見てもちょっと引いてしまっていました。そして、動物そっちのけで脇にある遊具にくぎづけになっていました。なるべく遊具を見せないように進むのですが、動物園側もうまい具合に遊具を配置しています。ムネシゲはそれにいちいち反応していました。
himejizoo1.png
↑ワラビーに引き気味

himejizoo2.png
↑ガラの悪そうなムネシゲ。バックします。

象の前ではムネシゲも「どーたん、どーたん」と嬉しそう!良かった良かった!

動物園に長居しても遊具にひっかかるだけなので、姫路城の方へ行ってみることにしました。抱っこするのも疲れてきたので、ムネシゲに歩いてもらおうとするのですが、ちょっと歩くと目をつぶります。
手をつないで歩きながら目をつぶるのです。どうやら、眠くて歩けないというアピールのようです。目をつぶって両手をあげて抱っこしてほしい様子。
その後何度も降ろして歩かせるのですが、そのたびに少し歩いては目をつぶっていました。

むうう、重いのに。そんな技を覚えて。

姫路城の内部は階段ばかりでムネシゲを抱っこしてなど到底無理なので、周りを散策しました。
ムネシゲは自分の気になる木の枝などが落ちていると、すすんで抱っこから降りて歩きます。枝拾いが好きなのです。

しばらく散策したあと駐車場に戻ることにしました。すると、たちまち目をつぶりだすムネシゲ。それでも知らん振りして歩いていたら、今度はペタンと座り込みました。

ええっ、疲れて歩けないアピール?!
いつの間にそんな知恵を?

ペタンと座られたらもう抱っこするしかありません。無理に立たせようとしても、今度は寝転がってしまうからです。
歩いてほしくないときには「歩く」と騒ぐし・・・。歩いてほしい時に限って目をつぶったり座り込んだり。だんだん自我が芽生えてきたのだと思いますが、やっぱり大変ですね~。
気持ちを大きく持って、体を鍛えておくしかないなと思う0号でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。