衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月4日 9月沖縄旅行の思い出2日目
2008年03月04日 (火) | 編集 |
沖縄2日目です。
この日はあいにくの雨だったので、戦跡を巡ることにしました。夫が「この雨でブルーだけど、さらにブルーになるかも知れんで」などと予告します・・・。

まずは腹ごしらえということで、ホテル1階でバイキング形式の朝食をとりました。楽しみにはしていたものの、正直値段も安いしあまり品数はないのかもなと思っていたのですが、これがかなりの充実ぶり!パンを始め、サンドウィッチ、ご飯、おかず6~7品、味噌汁、おしんこ等バラエティ豊かです。おかずも肉や魚、野菜たっぷりの麩チャンプルなど、バランス良さそうなものが揃っています。味も美味しかったですよ。ただ、宿泊客が多いため、朝食コーナーはいつも満員で座る場所を確保するのが大変でした。終了間際に行くと結構空いてます。

おもろまち駅からすぐのDFS内にあるレンタカー屋さんで車を借りたあと、まずは沖縄での必需品を買いにスーパーに行きました。浮き輪やビーチサンダル、ムネシゲのボールなどを購入し、フードコートにあったブルーシールで夫の許可を得てアイスクリームを食べました。妊娠中にアイス食べすぎて体重が激増するほどアイス好きな0号なので、朝っぱらからアイスを食べられるなんて幸せです。夫はチョコミント、0号はコーヒー味のアイスクリームを注文しました。うめぇ!
muneokinawa3.png
↑アイスクリーム前のムネシゲ

買い物を済ませたあと、いよいよ沖縄戦跡です。旧海軍司令部壕は小高い丘の上にありました。受付で入場券を買い求め、壕の中へ。入口にはたくさんの千羽鶴が飾られていました。細長いトンネルを下に向かって進んでいきます。作戦室、幕僚室、指令官室などが枝分かれした坑道の中にありました。0号の実家近くにある鉱山跡の中に似ています。一番印象に残ったのは幕僚室でした。そんなに広くない部屋でしたが、壁にはここで幕僚が自決した際にしようした手榴弾の後が残っていました。他の観光客が携帯で手榴弾痕の写真をバシバシ撮っていたのですが、0号は全くそんな気になれず。人の自殺した跡を写真にとるのは悪趣味な気がして・・・。しかし夫は0号とムネシゲを手榴弾痕の前に立たせ記念写真を撮りました。写真に自殺した幕領の無念の表情とかが写りこんでたらどうすんだ!と気が気でない0号。さっさと済ませてほしかったのですが、何度撮ってもムネシゲが目をつむります。ぎゅうっと閉じているのです。1枚で終わらせたかった写真は結局5枚も撮りました。ムネシゲが幕僚の何かを感じ取ったんじゃないの?!とビビる0号に、夫は偶然だと気にも留めません・・・。
軽く怯えながらトンネルを進んでいきます。
負傷した兵がすし詰め状態で立ったまま眠った部屋などもありました。負傷しているうえに立ったまま寝るなんて・・・。さらに進むと坑道の途中に出口があり、ここから出陣していったのだとわかりました。負傷してもろくな手当もできず、さらには休息をとるにも立ったまま寝るしかない状態で、ここから出陣していくのか。想像を絶します。私たちのように平和な暮らしをしている者には全く想像のつかない世界です。
一か所目ですでに0号は重い気分・・・。

この日はそのほかに平和祈念資料館、ひめゆりの塔、対馬丸記念館なども訪れました。
最も辛かったのはひめゆりの塔。女子高生が陸軍病院の看護要員として動員されたというのですが、私も女子校の生徒だったからか、人事とは思えず亡くなった生徒さんの写真を眺めているうちに涙が出てきてしまったのでした。自分がこの立場にたったらどうするんだろうと想像をめぐらすものの、やはり想像を絶する世界。突然解散命令を出されたら果してどうするんだろうか。逃げるんだろうか。その途中で一緒に逃げる友人が動けなくなったりしたら自分はどうするだろうか。いろんなことを考えました。この記念館には生き残った方々が、館内で解説などされていました。よくぞ生き延びて・・・と思うとまた涙が出てしまうのでした。
対馬丸は子を持つ母として辛い記念館でした。テープやビデオで子供を亡くしてしまったお母さんの悲痛な訴えなどを聞いていると、つい、もしもムネシゲがこんな目にあったらと考えてしまうのでした。そんなこと考えたくもないのですが。

夫の予告どおり、非常に重い、平和について考えさせられる一日でした。降りしきる雨がまた気持ちを重くさせます。

ただ、お昼にたべた沖縄そばは非常においしかったです!
ひめゆりの塔の向いにある、雪花菜(せっかな)というお店で沖縄そばとソーキそば、ばくだんおにぎりを食べました。そばは普通のと、ドラゴンフルーツを練りこんだ麺があります。
沖縄そばのダシうまい!ムネシゲもパクパク食べてました。
http://www.sekkana.com/foods.html
↑雪花菜のホームページ
muneokinawa4.png

↑手前が沖縄そばで奥がソーキそば
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。