衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月2日 モト君と遊ぶの巻
2008年03月03日 (月) | 編集 |
今日は0号の書道の先輩のおうちにお邪魔しました。ムネシゲの永遠のライバル、モト君のおうちです。
0号の書道の作品作りもあと1か月を残すところとなったのですが、ムネシゲが去年より格段に行動力を増してしまったため、全然作品作りができていません。起きているときに書くのなんて無理。
硯に手を出し、筆をつかもうとします。お手本に手を出さないだけましですが、時間の問題でしょう・・・。
ということで、モト君のおうちにお邪魔してムネシゲの面倒をみてもらいつつ、0号の作品作りを見てもらうことにしました。
久しぶりに会うモト君ですが、ちょっと無言で見つめあうくらいで、すぐに打ち解けた様子。二人のお兄ちゃんたちも、「ムネシゲ~!!」とほっぺたをつついたりしてくれます。作品作りはモト君の住む団地の集会所でさせてもらいました。

集会所は広いので、おんぶから解放されたムネシゲはすぐにモト君とお兄ちゃんたちと走りまわっていました。モト君ママは0号が作品作りをしている間に遊ぶようにと、ブロックを持ってきてくれており、モト君とムネシゲはすぐにブロックに夢中です。
そのすきに0号は別室で練習しようと思ったのですが、ムネシゲはあっという間に0号がいないことに気づいてしまいました・・・。ワンワン泣きながらモト君ママに抱っこされて0号の所にやってくるムネシゲ。ぬぅ~、書けない・・・。
どんなにこっそり抜け出してもムネシゲに気付かれてしまうので、一か八かおんぶして書いてみることにしました。が、最初こそ珍しそうに0号の肩越しに0号の筆使いを眺めていたのですが、3文字も書くと飽きてきたのか足をブラブラするムネシゲ。足をブラブラしたら、0号の体が揺れて字がぶるぶるしてしまいました。結局4文字目でリタイアです。仕方がないので、ムネシゲにおっぱいを飲ませて寝せる作戦に出ることにしました。その間はモト君ママとおしゃべりです。久しぶりに外部の人とおしゃべりしたなぁ・・・。楽しいなぁ!
20分もするとムネシゲは完全に寝てしまい、集会所の和室に寝かせました。

そこからはもう!無心で筆を走らせる0号!
おかげで4枚書くことができました。そのうちの2枚に名前を書いて、モト君ママに託すことにしました。モト君ママは師範の授業があるので、0号が書道教室に行くよりも先に先生にお会いするのです。
この時期なら本当は墨を水から磨って本紙に書きはじめるのですが、ちょっと練習が足りません。1回でも多く先生に添削していただいて、悪いところは直していかないと!!

っていうか、軽く2時間はかかる、水からの墨磨りはいつできるんだろう?!
夜更かしムネシゲの早寝促進から取り掛からなければと決意する0号でした。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。