衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月24日 卒乳6日目
2008年04月25日 (金) | 編集 |
今朝も少しおっぱいが張っています。張って痛いというわけではないのですが、触れると固い感じです。ということで、朝に50ccしぼりました。

ムネシゲは卒乳開始から今までおっぱいには触らなかったのですが、今日は0号の服をめくって「にゃ~お、にゃ~お!」と言っていました。もう猫の絵は消えてしまっているので、慌てて「猫さんは家帰っちゃったよ」とごまかす0号。危ない危ない。今までの苦労が水の泡になるところでした。

ま、ムネシゲも飲むつもりは無かったのかもしれませんが。

昼ごはんにはムネシゲにオムライスを作って食べさせたのですが、食後1時間ちょっとしたら「パンちゃん」と言ってパンをねだりに来ました。小さなコッペパンを渡すと嬉しそうにかぶりつきます。で、そのコッペパンもあっという間に平らげると、こんどは「べーい、だいだい!」とせんべいを欲しがります。生協で買った野菜のビスケットを渡すとまたニンマリしていました。スティック状なので、次から次へと食べてしまいます。その間に「ごっく!ごっく!」と言いながらマグのお茶を飲んでいました。さすがにビスケットを食べ続けてのどが渇くのでしょう。

今日は9時前には布団に入って寝てしまったのですが、11時頃に急に泣いて起き出しました。抱っこしてもエビ反りになって嫌がるし、かといって下におろすと抱っこしろと手を伸ばし、ワケがわかりません。よーく聞いてみると「あっちぃ!あっちぃ!」と泣きわめいています。確かに室温がちょっと高いわ、ということで、抱っこして外に連れ出しました。やはり泣いた原因は暑さだったようで、外の風に当たるとすぐに機嫌が直りました。よかった・・・。
泣いている間はどうして泣いているのかもわからず、「こんなときにおっぱい飲ませたらすぐに大人しくなるのに」と思ったりしてしまいました。
ムネシゲの泣き声を聞いたからか、またおっぱいが少し張っていました。40ccずつ搾って落ち着いたものの、もう飲まなくなって6日なのにまだ出す気満々なのが不思議です。まだ根気よくしぼる必要がありそうですな。

その後、すっかり復活したムネシゲは全然寝ようとせず、またビスケットを食べ、絵本を読んだりして超ご機嫌に遊び、1時40分まで寝ませんでした・・・。
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月23日 卒乳5日目
2008年04月24日 (木) | 編集 |
今日は午後6時半から書道の用事があるのです。
展覧会の作品の解説があるのですが、その間はムネシゲに寝ててもらいたいため、遅くに起こしました。ちなみに、初めて朝まで泣かずに寝ていましたよ。

0号のおっぱいの状態は、前日の全しぼりのおかげでとても楽です。一応朝に少ししぼったら、また青白いサラサラした母乳になっていました。しかも勢いよくシャーシャー出るので今からでも母乳育児ができそう・・・。

昼過ぎに千駄ヶ谷に出かけて、その帰りに東京体育館の前の広場をお散歩しました。広いのでムネシゲも大はしゃぎです。
しかし、このお出かけがあだになり、4時半ごろパンを食べながら勝手に寝てしまってました。ああ~しまった!今寝られたら解説の間に起きてしまうぅうぅ。こうなったら起こさずに連れて出て、解説の間も寝ていてもらう作戦に変更です。

で、寝たままムネシゲを連れだすのに成功したのですが、解説の会場につく直前に起きてしまいました。しかも、0号は日にちを勘違いしていたらしく、会場はガランとしていました・・・。うわー、無駄足。
わざわざ銀座まで出てきたのに。確認しなかった自分の馬鹿さ加減にあきれるばかりですが、ムネシゲが起きてしまったから、解説が今日じゃなくてよかった~とも思ったり。

それにしても、母乳を飲まなくなったムネシゲはやたら食べるし飲みます。なのにウンチやおしっこがあまり出ていないのが心配です。ウンチは1日1回が復活しましたが、昨日も書いたとおり明らかにおしっこの量が減っています。しかも、今日はまぶたが土偶なみに腫れており、むくんでいる様子。前日にたくさん食べたせんべいの塩分が悪かったのかなんなのか。まぶたの腫れは夕方には治まっていました。

前日の全しぼりですっきりしたおっぱいですが、夜になると右側だけ結構張ってました。左はふにゃっとしているのですが、右はすこし痛ささえ感じました。全部絞り切ろうとして、乳房の部分を押えてしまっていたかもしれません。

ムネシゲはおっぱいのことを忘れようとしているのですが、おっぱいの方がまだまだなのかも。


テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月22日 卒乳4日目
2008年04月23日 (水) | 編集 |
4日目の朝もムネシゲは6時半に少しだけ泣いたものの、すぐに泣きやみ寝てしまいました。

その後、8時15分ごろに起き出してきて、「だいだーい」と食べ物をせがんできました。パンを渡すと「へへっ、へへっ」と笑ってかぶりつくムネシゲ。以前は朝ごはんを全然食べなかったのですが、今までと違って夜中の授乳が無いので、起きた時にお腹がすいているのでしょう。

で、10時半になったあたりで、コロンと寝てしまいました。
このチャンスを逃す手はないと急いで洗面所に駆け込んで、おっぱいをしぼりました。今日は出なくなるまでしぼるので時間がかかります。結局、2時間かけてしぼりましたが、少し横のほうにしこりが残っていました。ムネシゲは10時半に寝て、14時半までずっと寝てましたよ。卒乳を開始してから昼寝の時間が長くなっています。前は長くて2時間だったのに、3時間以上寝るようになりました。

ちなみに。
卒乳当初の母乳の色は青白くて透明がかっていたのですが、日にちがたつにつれて、白色が強くなってきました。しこりの部分から出てくるのは、明らかに溜まっていた感じの黄色っぽいとろっとした母乳です。においも生臭い!これをムネシゲに飲ませたら吐きだすだろうな・・・。

今日も夫が早く帰ってきてくれたので、ムネシゲをお風呂にいれてもらい、0号は一人入浴。ここでまた母乳をしぼりました。1時間かけてようやく出なくなるところまでしぼり切ることができました。日曜にはガチガチだった胸が火曜にはもうふにゃふにゃです。痛みも張っている感じも全然ありません。
今後は張ったら少ししぼるくらいでいいようです。そしてまた1週間後に出なくなるまでしぼり切ります。

母乳を飲まなくなったムネシゲは、かわりにお茶をがぶ飲みするのですが、その割におしっこが出ていません。参考にしているHPには母乳をやめると水分が不足しがちになるので気をつけるようにかいてありました。まめにお茶を飲ませてはいるんですけどねぇ。便秘にはなっていないので、水分が足りないということは無いんでしょうけど。おしっこに回す分までは無いということなのでしょうか。

夜のムネシゲは、また一人でふすまの開け閉めなどをして遊んでいましたが、何か気に入らないことがあったらしく泣き出しました。何かしてほしい様子なのですが、ちょっとわからず。抱っこしてなだめているうちに寝てしまいました。ああ、眠くて泣いたのか。

その様子を見ていた夫は「もうおっぱいが無くても眠れるようになったんやな。成長したなぁ」と感慨深げでした。
まだまだ気を抜けませんが、今のところ卒乳は順調に進んでいるようです。

テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月21日 卒乳3日目
2008年04月23日 (水) | 編集 |
特に夜泣きもせずぐっすり寝たムネシゲでしたが、朝6時に少しぐずりました。足をバタバタさせたり、エビぞりになったりして2,3分泣きました。
なんだか、「なんでおっぱい飲めないんだよぅ!」と昼間のうっぷんを晴らしているようにも見えました。本当はおっぱい飲みたいのに我慢しているのかもなと思う0号。ムネシゲを抱きしめて横になると、ムネシゲは0号の首に手をまわしてすぐにまた眠りました。ほっぺをぎゅうっとくっつけてくるので、多少息苦しいのですが、それよりも幸せな気分の方が上回ります。

今日も5,6時間置きに50ccほどしぼりました。しぼりにくい脇の方に少ししこりみたいなのがありますが、だんだん胸の張りも治まってきて、ガチガチからふにゃふにゃに変わりつつあります。がちがちに張ったのも、卒乳当日の夜から翌日の夜にかけてだったので、実質1日。
やはり、参考にしたHPに書いてあった通りにしたのが良かったのです。中国研修の時はしこりの所を押さえつけてしぼったりしていたので、余計に張ってしまったのでした。乳首の部分のみを押えてしぼれば、胸が変な形に張ったりもしません。中国のホテルのトイレでしぼっていた時に、掃除のお姉さんがジェスチャーで「乳房の部分を押えてはいけない」と伝えてくれたのですが、お姉さんの言ったとおりだったのですね。今さらながら感謝です。

結局この日にしぼったのは合計4回。2日目はしぼればまたすぐに分泌されている感じがあったのですが、だんだんその感じもなくなってきています。なんて順調なの?!

ムネシゲは夜も適当に一人で遊び、そのうちに0号の首に手をまわして抱きついて寝てしまいました。

ちなみに友人のRちゃんは長男のイッケイ君の卒乳を第2子妊娠が発覚してから行ったらしいのですが、つわりで体力がない上に、イッケイ君が1週間夜泣きを続け、さらにおっぱいが張ってしまったということでまさにトリプルパンチ!想像するだけで恐ろしい・・・。

0号の後輩Aっぺは、まず夜中の授乳を止め、だんだん昼間の授乳の間隔を開けていって、自然に卒乳したそうです。一回でスパッとやめようとしたら、あまりのおっぱいの痛さに1度断念してしまったんだそうです。とはいえ、その後の経過が素晴らしい!その話を事前に聞いていたらムネシゲもそうしたのになぁと残念に思いましたが、もうムネシゲの卒乳は進んでいるので前進あるのみ!

もうしばらくムネシゲとお風呂に入れないですが、がんばります。
明日の4日目はおっぱいが出なくなるまでしぼり切る予定です。めちゃめちゃ時間がかかりそうですが、がんばります。



テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月20日 卒乳2日目
2008年04月22日 (火) | 編集 |
一睡もできずに朝6時半。ムネシゲが起き出しました。
特に泣いたりもせず、にこっと笑っていました。おっぱいではなくお茶を欲しがり、布団のわきにあったおもちゃで遊んでいます。途中、0号のパジャマのボタンとボタンの間から手を入れて、おっぱいを飲みたそうにしていたのですが、「昨日バイバイしたから、ニャーオがいるんだよ」と言うと、猫の絵を確認して笑っていました。2時間ほど遊んだあと、0号の首に手をまわして抱きついて眠ってしまいました。おや、もうおっぱいなしで眠れるの?とびっくりです。

0号も痛さが辛いし、眠れなかったので鎮痛剤を飲んで痛みを和らげて眠ることにしました。洗面所でおっぱいを見てみると、がちがちに張って熱まで持っていたのでシップも貼りました。これでだいぶ楽に。3時間ほど眠ることができました。

日曜も公園に行って遊ぼうと思っていたのですが、夫が急に「神宮にヤクルト阪神戦見にいこか!」と提案してくれました。出発するまでの間、またムネシゲは元気に部屋の中で遊び、夫の腕枕でコロンと昼寝をしていました。こんなにあっさりおっぱい無しで寝られるとなんだか拍子ぬけです。

神宮球場での野球観戦はとっても面白かったです。金本選手のホームランも見られたし!当日チケットを買い求めたのですが、運よくA指定席の通路に面した良い席に座れました。ムネシゲは買ったおべんとうをモリモリ食べ、その後0号と夫で食べるつもりで買ったフライドポテトをほとんど食べていました。おっぱいを飲まなくなったから、たくさん食べるようになったのでしょう。
試合は阪神が勝ち、おっぱいの痛みも少し忘れていい気分だったのですが、帰りの電車で痛み出しました。歩くと振動で痛むので大変でした。

家に帰ってから40ccずつしぼってようやく楽になりましたよ・・・。夜はまた昨日のように泣くのかもと不安に思っていたのですが、ムネシゲは布団の上で小熊のようにコロコロと一人で遊んで、そのうちに眠ってしまいました。たった一日で夜泣きが治まるなんて!3日は続くだろうと覚悟していたのに!
0号の胸の痛みも前日ほどではなく、6時頃までぐっすり眠ることができました。
ケアの仕方で全然違うんだなぁと驚きです。


テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月19日 卒乳1日目
2008年04月22日 (火) | 編集 |
いろいろ考えてムネシゲに飲ませていたおっぱいを止めることにしました。
本当は自然に卒乳というのがいいのかもしれませんが、徐々に止めることもできないなと思い、思い切って断乳することにしたのです。

いまだに一日に何度も気の赴くままに飲むムネシゲが断乳に耐えられるのだろうか、と不安にもなりましたが、「やりたいことを我慢させる」初めての機会だとあるHPに書いてあり、それが私の背中を押しました。

2週間前くらいから「19日になったらおっぱいとバイバイするんだよ」と言い聞かせて来たのですが、はたして理解しているかどうか。夫は「理解せぇへんよ」と言います・・・。いや、そんなことはない、チビッコはチビッコなりに理解するんだよと心で思う0号。

卒乳当日は朝からムネシゲに何度も授乳しました。寝ている間にも、勝手におっぱいを飲んでいます。朝起きてからは「今日でバイバイなんだよ」と言い聞かせましたが、そのつど、ムネシゲの良い顔(にぃ~っと笑う)を繰り返していました。
いよいよおっぱいに絵を描くことにし、ムネシゲにとって最後の授乳です。いつもどおりに左右交互に気ままに飲むムネシゲ。これが最後かと思うと0号が泣きそうです。5分ほどかけて飲み終わったのかおっぱいから離れて乗り物に乗ったムネシゲは、そこで「ばっば~い!」と言いました。もしかしておっぱいにバイバイと言ったの?夫は「わからへんよ、乗物に乗ったらいつも言ってるやん」と否定しましたが、0号にはおっぱいにバイバイと言ったのだと思えました。その後「もう飲まなくていいの?」とムネシゲの口におっぱいを含ませましたが、すぐに出してしまいました。覚悟ができたのでしょう・・・たぶん。

洗面所で右胸に猫、左胸に犬の絵を描いてムネシゲに見せました。「お母さんのおっぱい、ニャーオとワンワンになったよ」と言うと、猫と犬の絵を確認して「へへへ」と笑いました。「おっぱいとバイバイなんだよ、もうナイナイなの」と言ってもニコニコするばかりです。なんだかこっちが泣けてきました。おっぱいに絵を描かなかったら、おそらく強い意志で卒乳はできなかっただろうなと思いました。親側の踏ん切りもつきました。

その後、公園へ出かけムネシゲを疲れるまで歩かせることにしました。でないと、夜はきっとおっぱいを欲しがって泣くだろうと思ったからです。
車の中でもムネシゲはおっぱいを欲しがりましたが、そのつど「ニャーオとワンワンになったから、おっぱいとはバイバイなんだよ。もうバイバイしたでしょう?」と絵を見せました。するとムネシゲは絵を見てニコニコ笑います。おっぱいは飲みたいけど、どうやら他の物になってしまったと理解しているのでしょうか。

そして夜。歩き疲れているはずなのですが、なかなか寝ません。夜12時近くなっても目をこすりながら遊んでいます。電気を消してみると、恐れていた「おっぱい欲しがり号泣」が始まってしまいました。抱っこしようとしてもエビ反りになってギャンギャン泣きます。「もうバイバイしたんだよ」と言っても、聞こえるはずもなく・・・。そのままムネシゲは1時間ほど泣き続けました。そして「えーん、えーん」と言いながら0号に抱っこされて泣き疲れて眠ったのでした。
その間。あれほどの騒音にも関わらず、夫は爆睡していたのでした。すげー精神力。

0号の胸はガンッガンに張ってしまい、あまりの痛さで朝まで一睡もできませんでした。
あまりに痛くて夜中に絞りましたが、気休め程度ですぐに張ってしまいました。10月にムネシゲと離れて中国研修に行った時も胸が張って痛かったのですが、眠れないほど痛かったかなぁ?!

ムネシゲは夜中1度起きて少し泣きましたが、抱っこするとすぐに寝ました。良かった・・・。おっぱい痛くて眠れないのに、ムネシゲの夜泣きがあったらまさにダブルパンチです。

ああ、このおっぱいこの先どうなるのでしょう。痛さはどれほど続くのか。非常に不安です。
4月3日 9月沖縄旅行の思い出4日目①
2008年04月03日 (木) | 編集 |
4日目の予定は、旧中村家住宅の見学からスタートです。
この旧中村家は夫が昔仕事でかかわりのあった方の実家なんだそうです。実家が重要文化材ってすごいなー!
敷地内には売店があって、その前を通りがかると「冷たいお茶とお菓子を用意してますから、寄ってってくださいねー」とおばさんが声をかけてくれました。今日は日差しが強くて暑いので、冷たいお茶はありがたいですが、まずは見学することにしました。
nakamurake.png
↑まずは記念撮影

それにしても広い!母屋に牛小屋、納屋などいろいろ建物があります。そのなかにはこれまた重要そうな調度品が展示してありました。畳の部屋があまりに広いので、抱っこしていたムネシゲを下ろしてみることにしました。自分の家と違って広いためか、目を輝かせながら高速ハイハイするムネシゲ。(このころはまだ歩くよりハイハイの方が速かったのです)

地元のテレビ局が撮影にきていたため、あまり邪魔にならないように庭に移動。庭も広い広い!さまざまな木々や花々がそこらじゅうに生え、咲いていましたよ。「中村さんは小さい頃はここに住んでいたのかな」などと話し合いながら、さきほどの売店へ移動。冷たいお茶とちんすこうを御馳走になりました。中村さんちに少し貢献していこうということで、黒糖とドライフルーツを購入して帰りました。

お昼は夫が事前に調査していた、コザのパークアベニューにある大衆食堂ミッキーで食べることにしています。
近くに路駐してミッキーへ。元気そうなママが一人で切り盛りしているようです。事前情報によると、ここのお客さんはほとんどがアメリカ人や若者らしいです。安くてボリューム満点ということなのか?!
タコスとミッキーランチを注文し、まつこと10数分。
運ばれてきたミッキーランチは想像を超えるボリュームでした。ご飯に焼きそば、ポークの焼いたの、オムレツ、揚げ餃子、白身魚フライ。これを二つ頼まなくてよかった・・・。とはいえ、タコスも3つくらいあって、事前のダイエットですっかり胃が縮小されている我々には大量に感じます。横ではお腹を空かせたムネシゲが「オレにも食わせろ」と言わんばかりに乗り出していました。焼きそばを細かくして食べさせると、モリモリ食べていました。0号はポークの焼いたのと玉子の組み合わせが気に入りました。家でも作りたいなぁ。夫は「お腹いっぱいやぁ」と言いながらなんとか完食。ほんとうにランチを二つ頼まなくて正解でした。残すの悪いしね。
mickey.png
↑奥がミッキーランチ。食べているのは0号。

確かこの日の夜に、TBSでミッキーのことが放送されたらしく、ママがお客さんに「今晩放送されるから見てね!」と宣伝していました。テレビで放送されるとしばらく観光客が押し寄せるそうです。
それからこの店にはいろいろ有名人が訪れるみたいです。壁には広島カープの選手が店を訪れた時の写真が貼ってありました。沖縄キャンプの時に食べに来ているのでしょう。

すっかりお腹いっぱいのわれわれは、いい気分で路駐した車のもとへ戻っていったのですが、ここで予想だにしない出来事が!!!


なんと駐車違反の切符を切られていました。

駐車場に入れるべきだったと後悔するも遅し。カーナビ君で警察署を検索し、出頭しましたよ。罰金は痛かったですが(夫払い)、観光地でも油断するなという貴重な教訓を得ることができました・・・。
つづく
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
4月1日 9月沖縄旅行の思い出3日目②
2008年04月01日 (火) | 編集 |
水族館では少し雨がやんでいたのですが、今帰仁城につくとまたパラパラと小雨。
傘をさす程でもないかということで、傘なしで散策することにしました。しかし、傘なしで正解です。ほとんど舗装されていないグスクなので、急な石の階段を上り下りするたびに滑りそうになり、草むらを歩いては滑りそうになりました。しかも足元はビーサン(ビーチサンダル)ですし。
ムネシゲは車の中で寝てしまっていたので、夫が抱っこしながら歩いたのですが、いつ滑って転ぶかとヒヤヒヤしながら後をついていきました。
nakijinjo.png
↑今帰仁城の前で。ムネシゲは寝ています

雨の日のグスク巡りは勘弁だな、と内心思いつつも上からの見晴らしの良さには感激しました!
それにしても、雨だというのに結構な人出です。で、みんな滑りそうになっています。雨の日の階段は上りはいいですが、下りが怖いですね。

続いてナゴパイナップルパークへ。夫は無類のパイナップル好きですので、心なしか浮かれています。パイナップル食べ放題があるようで、それが夫を浮足立たせているのかもしれません。
まずは自動運転のカートに乗って、パイン畑やトロピカルガーデンを巡るようです。カート待ちの列の脇に売店があり、パイナップルソフトクリームが売られていました。カートに乗って食べてもOKということで、すかさず1つ購入。パイナップルの味がして甘酸っぱいおいしいソフトクリームでした。
運よく(?)我々はカートの最前列に乗ることができたのですが、ここでムネシゲがハンドルの魅力に取りつかれてしまいました。前々からハンドルに興味ありそうだなとは思っていたのですが、ここまでとは!周りをちっとも見ようとせず、ハンドルを握りしめてグルグルまわしています。夫がハンドルに手を置こうものなら、すぐさまその手を払いのけるのです。夫は面白がって何度もハンドルに手を置くのですが、そのたびに払いのけていました。その様子がとても面白くて、熱帯植物を見そびれましたが、パイン畑では小さいパイナップルが生っている様子が見られました。パインがどんな風に生るのか知らないというか考えもしなかったのですが、畑にこんな風に生るのかぁと一つ賢くなった気分です。
nagopine.png
↑ハンドルに釘付けのムネシゲ

カートを降りた後は、夫が楽しみにしていた試食です。ワインの試飲もあり、そこでは0号が堪能。夫はドライバーなので試飲不可です。パイナップル試食の会場には4つくらいのテーブルにそれぞれ山盛りのパイナップルが置いてありました。それをカっ食らう夫。「この色のパインはイマイチや。こっちのパインはいける。」などとテーブルを移動しながら食べまくりです。そんなに食べて舌がビリビリしないんだろうかと心配になる0号。改めて夫のパイナップル好きを認識したのでした。お土産ショップでもいろいろ試食できたので、この後レストランふりっぱーでステーキを食べる予定なのに、ちょこちょこつまみ食いをしてしまいました。

迂闊にも満腹気味になってしまった我々でしたが、幸い夕食までには時間が少しあったので、古宇利大橋に向かいました。ここは0号の友人の沖縄マスター・Aりんお勧めの場所です。この旅行前に携帯電話に写真を送ってもらっていたのですが、それはそれはきれいな場所でした。海が青くて橋はまっすぐ!
残念ながら今日は曇り空です・・・。
橋を渡り、橋の下に降りてみることにしました。雨のせいで海が濁っているためか、泳いでいる人はいませんが、砂浜には足を海に浸けている人が何人かいました。でも、風が強く波が立っているのでムネシゲの足を海に浸けるのは断念しました。
kouribridge1.png
↑古宇利大橋の下で

そして、いよいよ!楽しみなステーキです!ふりっぱーについた時にはすでに雨も上がって、きれいな夕焼けが見られました。夕焼けより何よりステーキですけどね~♪

ここのお店はステーキと伊勢海老がメインのようです。あとは、名物のパイ!
ということで、0号は伊勢海老とひれステーキのセット、夫はリブステーキ、そしてデザートにパイアラモード(パイとアイスの盛り合わせ♪)を注文しました。0号は伊勢エビなどのエビ類が大好きですが、夫は特に伊勢エビに魅力を感じないのだそうです。ふ~ん。
ムネシゲにはセットのスープ、ご飯などを食べさせます。

我々は座敷の席に案内されたのですが、これが誤算。ムネシゲが自由に動き回れる分、危険がいっぱいなのです。テーブルの上の調味料を触りたいし、紙ナプキンも食べたいし、と目がキラキラしています。動き回るムネシゲを追いかけるのに0号も夫も必死です。と、ムネシゲが醤油をひっくり返してしまいました。あ~!やってしまった~。もっと手の届かない所に隠しておくんだったと後悔するも遅し。

醤油の始末をした後で、いよいよステーキターイム♪
肉食ったぞ~!という感じがしました。ステーキにはすりおろしたにんにくもたっぷり載っていて明日の息が多少心配ですが、ま、いいや!伊勢海老もぷりっとしていて美味しかったです。あとから運ばれてきたパイアラモードも、パイがさっくりしていて最高でした!アイスも付いているところがまたステキ。
沖縄にまた来ることがあったら、ぜひ立ち寄りたいお店です!!
furipper1.png
↑お店の外側
furipper2.png
↑手前がリブステーキで、奥が伊勢海老とひれステーキセット!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。