衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月31日 増上寺でお花見の巻
2008年03月31日 (月) | 編集 |
金曜土曜と夫が長崎に出張に行っておりました。
で、土曜日。ふと思い立って、夫を羽田空港まで迎えに行くことにしました。夫には内緒で、到着の出口から出てきたところでびっくりさせてやろう!と思ったのです。

ひさびさにムネシゲと二人のドライブ。大人しくチャイルドシートに座ってくれるか心配でしたが、最初はやはり泣いていました。こんなこともあろうかと持参したアニメのDVDを流したら、ムネシゲはDVDにくぎづけです。作戦成功!

羽田空港に行くには、新宿から高速に乗るのが早いのですが、我が家のカーナビ君が一般道を走るように指示してきました。どうやら首都高が大変混雑している様子。仕方なく、指示どおりに新宿西口を通り、信濃町を通り芝公園方面へ向かいました。そこから高速に乗るようにという指示でした。高速は案の定渋滞していましたが、まったく動けない状況でもなかったので、徐々にスムーズに動くようになりましたが、この時点で夫の到着時刻の10分前。到着時刻の1時間15分前には車を出したのに、一般道もそれなりに混んでいたので、そんな時間になっていました。ちなみに全然混雑していなければ、家から羽田空港まで40分くらいです。

これではサプライズが!と焦った0号は仕方なく夫にメールを出しました。すれ違いで電車に乗られても困りますし。あ、もちろん渋滞で進まなくなっている間にです。
後ろのムネシゲはこのころにはもう眠っていました。騒いだのもほんとに最初だけで、ずいぶん大人しくしていましたよ。

到着時刻から20分遅れで空港の駐車場に駐車しました。そこに夫から電話が来て、出口のところで待っているからということでした。寝ていたムネシゲを抱っこしてダッシュです。
寝起きでぐずぐず言っていたムネシゲも夫の顔を見たら嬉しそうに手を伸ばしていました。良かったね~、夫もムネシゲも。

日曜は雨になるという予報だったので、帰りに花見をして帰ることにしました。
どこに行くかと悩んだのですが、芝公園に行くことにしました。芝公園近くを通ると、増上寺の桜がものすごくライトアップされています。ここで花見だ!と早速車を停めて、増上寺に向かうと入口で入場制限をしている男性がいました。その人が言うには、「テレビ用にライトアップしているのであって、お寺の入場時間はとっくに終わっている」とのことでした。じゃあしょうがないな、と歩き出したところ、抜け道発見!「なんだ、ここから入れるじゃん」とこっそり入場。中には一般の人がたくさんいて写真などを思い思いに撮っていました。

それにしても、増上寺と桜と東京タワーの3点セットがきれいでした。
夫がムネシゲと0号を並べて写真を撮ろうとしていたら、一人の男性が近づいてきて「撮りましょうか?」と撮ってくれました。しかも、「こちらのアングルからも」と言いながら2枚撮ってくれました。親切な方でした。
zojoji.png
↑夫が写した3点セット

ちなみに、来ていたテレビ局はテレビ東京でした。なんの番組で使用するのかは聞きそびれました・・・。
スポンサーサイト
3月27日 笑わせ歯磨き法の巻
2008年03月27日 (木) | 編集 |
こないだ行った歯科検診で、上の前歯の磨き方を教わったのですが、そのやり方で成功したのはその日だけでした・・・。
むしろ前よりも強硬に口を開けなくなってしまったのです。自分で歯ブラシは口に入れますが、仕上げ磨きはさせてくれません。

どうしたものかなぁと考えて、とりあえず夫と二人がかりで磨こうということになりました。
無理やり磨くのは気が引けますが、虫歯になるよりマシだからと自分に言い聞かせて、夫にムネシゲの体を押さえてもらいました。体の自由は利かなくても、口はビッチリ閉じたままのムネシゲ。参ったなあと諦めようとしたその時でした。夫がムネシゲのお腹や足をくすぐりだしました。

ムネシゲはくすぐりに弱いのです!

歯磨きが嫌で口を閉じていたのも忘れて大笑いするムネシゲ。
あっ、今がチャンス!大笑いで上の前歯も丸見えなので、磨きやすい!途中で歯ブラシに気づいて口を閉じようとするのですが、くすぐったさには敵いません。
「アハハハ、アハハハ!」と笑い転げるムネシゲの歯を全部隅々まで磨きあげることができました。

それ以来、この笑わせ歯磨き法にて仕上げ磨きを行っています。
欠点は0号一人の時はムリということくらいです。
3月26日 横着をおぼえるの巻
2008年03月26日 (水) | 編集 |
先週夫の実家へ遊びに行きました。
ムネシゲの人見知りが心配でしたが、0号が近くにいれば大丈夫。

21日には義母が休暇を取ってくれたので、義母、0号、ムネシゲの3人で姫路の動物園へ行くことにしました。動物園にはまだ行ったことがないので、どんな反応を示すのか楽しみです。

姫路城の脇にある動物園は小ぶりなものですが、キリンや象などもいます。しかし、ムネシゲは動物を見てもちょっと引いてしまっていました。そして、動物そっちのけで脇にある遊具にくぎづけになっていました。なるべく遊具を見せないように進むのですが、動物園側もうまい具合に遊具を配置しています。ムネシゲはそれにいちいち反応していました。
himejizoo1.png
↑ワラビーに引き気味

himejizoo2.png
↑ガラの悪そうなムネシゲ。バックします。

象の前ではムネシゲも「どーたん、どーたん」と嬉しそう!良かった良かった!

動物園に長居しても遊具にひっかかるだけなので、姫路城の方へ行ってみることにしました。抱っこするのも疲れてきたので、ムネシゲに歩いてもらおうとするのですが、ちょっと歩くと目をつぶります。
手をつないで歩きながら目をつぶるのです。どうやら、眠くて歩けないというアピールのようです。目をつぶって両手をあげて抱っこしてほしい様子。
その後何度も降ろして歩かせるのですが、そのたびに少し歩いては目をつぶっていました。

むうう、重いのに。そんな技を覚えて。

姫路城の内部は階段ばかりでムネシゲを抱っこしてなど到底無理なので、周りを散策しました。
ムネシゲは自分の気になる木の枝などが落ちていると、すすんで抱っこから降りて歩きます。枝拾いが好きなのです。

しばらく散策したあと駐車場に戻ることにしました。すると、たちまち目をつぶりだすムネシゲ。それでも知らん振りして歩いていたら、今度はペタンと座り込みました。

ええっ、疲れて歩けないアピール?!
いつの間にそんな知恵を?

ペタンと座られたらもう抱っこするしかありません。無理に立たせようとしても、今度は寝転がってしまうからです。
歩いてほしくないときには「歩く」と騒ぐし・・・。歩いてほしい時に限って目をつぶったり座り込んだり。だんだん自我が芽生えてきたのだと思いますが、やっぱり大変ですね~。
気持ちを大きく持って、体を鍛えておくしかないなと思う0号でした。
3月12日 歯科健診の巻
2008年03月13日 (木) | 編集 |
今日は区の歯科検診の日でした。
まだ卒乳していないムネシゲは夜中も泣くと母乳を飲むので、もしかしたら虫歯があったりしてとビビっていました。一応歯磨きをさせて、仕上げ磨きもしているのですが、ムネシゲが乗り気でないときはガンとして口を開けないので、歯磨きできない日もあります。

ミュータンス菌が親から遷るという話も聞いたことがあるのですが、箸などを徹底的に区別するのは無理でした。親の食べ掛けも勝手に食べるし。自分の口に入れていた歯ブラシで、親の歯磨きを強行し、さらにそれを自分の口に戻すという力技もたまにやります・・・。ミュータンス菌に気をつかう親御さんが聞いたら卒倒してしまうかもしれません。

保健センターにつくと、5,6組の親子が来ていました。どこからか子供の泣き叫ぶ声もします。うわぁ、泣いてる。何されてんだろう・・・。受付を済ませている間、ムネシゲは保健センターが用意してくれたおもちゃで夢中になって遊んでいます。待っている間にぐずぐず言われるのが一番困ると思っていたので、ここは一安心です。

我々を含む6組の親子が別室に呼ばれ、そこでは親の唾液チェック、子供の唾液チェック、子供の歯垢チェック、歯磨きの仕方を教わりました。他の子供に比べて、ムネシゲの唾液は低い値でした。数値(なんの数値かは忘れましたが、たぶんph)はだいたい6.5なのに、ムネシゲは6.0。高い方がいいようです。「さっき何か食べさせたばかり?」と保健婦さんに聞かれ、「1時間以上前に母乳をあげました」と答えると「母乳は結構残るのよ。だから数値が低いのね」
・・・ガーン。母乳は結構残るので、再石灰化まで時間がかかるそうです。しかも、夜の添い乳で夜泣きをなだめることも多いのですが、寝ている間は唾液が分泌されないので、再石灰化はされないとのこと。
打ちひしがれる0号をよそに保健婦さんは次の検査の説明です。ピンク色の薬を上の前歯4本に塗って、歯垢のチェックをするそうです。乳歯は上の前歯4本が非常に虫歯になりやすいんだそうです。ムネシゲもこの部分はなかなか磨かせてくれません。保健婦さんによると、この部分は結構敏感で、触るのを嫌がる子がほとんどなんだそうです。で、薬を塗るのにも、ちびっこたちは全身で嫌がり泣き叫びます。ムネシゲはポカーンとしている間に塗られていました。注射の時と一緒です。歯垢チェックはムネシゲは大丈夫だったみたいです。歯と歯茎の間に少し歯垢があるものの、問題ないということでした。ほかのお母さんたちの話も聞いていましたが、みなさん上の前歯の歯磨きには苦労されているようでした。
歯垢チェックのあとは歯磨きの仕方。見本にされた子は保健婦さんに抑えられて歯磨きされたので、ギャン泣きです・・・。ちなみに、上の前歯は唇をめくるのではなく、抑えるとよいそうです。口を開けないときは、横から指を入れるとかじられずに口をあけられます。ムネシゲもさっそく実践!いつもは口をぎゅっと閉じて舌だけ出しているんですが、上唇を抑えたため、歯がよく磨けます。薬剤でピンクになった歯が白くなりました。

次は歯科医に診断してもらうのですが、受付をしている間に聞いた泣き叫ぶ声の発生源はここでした。診察台の上にムネシゲをのせると、ただならぬ雰囲気を感じ取ったムネシゲもすぐに泣きだしてしまいました。口をぎゅっと閉じて先生に抵抗するのですが、やはり先生が1枚も2枚も上手。あっという間に歯を調べていました。0号の心配していた虫歯は一本もありませんでした。ただ、夜中の授乳をまだしているので注意は必要ということでした。
診察が終わればいつまでも泣いている男ではないので、部屋を出るころにはケロリとしているムネシゲでした。

で、夜に保健婦さんに教わった歯磨きを実践してみたところ、上唇を抑えることでしっかり上の前歯を磨くことができました!ムネシゲも嫌がらずに磨かせてくれました。虫歯になったらイヤなんで、母はがんばります!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3月7日 9月沖縄旅行の思い出3日目①
2008年03月07日 (金) | 編集 |
沖縄3日目。この日も快晴ではありません。パラパラと小雨が降ったりしてました。

でも、一応ビーチに行ってみることにしました。行先は瀬底ビーチ。ホテルの人もお勧めのようです。
が、やはり曇りで、さらに昨日の雨のせいで海水が濁ってシュノーケリングも無理そうでした。折角来たので、むねしげの足を海水につけてみました。すると、結構うれしそう!でっかいお風呂くらいに思っているのでしょうか。どうやら水に対する恐怖心はあまりなさそうです。
muneokinawa5.png
↑海デビュー。ちょっと楽しそうなムネシゲ

お昼御飯はきしもと食堂で食べました。ここも沖縄そばのお店です。お店は11時からなんですが、少し早めについたため、地元のスーパーに行くことにしました。ドリップ式のコーヒーやムネシゲのおむつなどを購入しました。夫は本当に地元のスーパーが好きです。これは日本、海外問わずです。どんなものが売っているのか知りたいんだそうです。ま、面白いですけどね。
11時になったんで食堂へ。行列覚悟と聞いていたのですが、開店直後のためか、すぐに入ることができました。そば大二つに、ジューシー(炊き込みごはん)を注文しました。ここの麺ももちもちして美味しい!!ダシも最高!カツオがよく効いてます。ムネシゲにも細かく切った麺を与えました。ちょっとペースが早すぎて、口に入れたのを全部だしてしまったのが残念。
muneokinawa6.png
↑思わず夫が「このほっぺ、どういうことやねん!」と突っ込んだ1枚。

muneokinawa7.png
↑食べる気満々です。

それにしても前日も沖縄そばだったのに、全然飽きません。恐るべし沖縄そば。ちなみに、ジューシーも味がよくしみておいしかったです。1個しか頼まなかったのですが、もうひとつ頼んでおけばよかったと思うほどでした。

雨は降ったりやんだりを繰り返して、ぜんぜん晴れません。ということで、美ら海水族館へ行くことに。室内だから雨も関係ありません。しかし、みんな同じことを考えていたらしく、水族館は激混み!!ムネシゲは車の中で寝てしまったため、ベビーカーを借りようと思ったのですが、外のベビーカーは雨よけがついておらず断念。水族館内のものは前の人で全部貸出中になってしまったのでした。夫がずっと抱っこしていたのですが無理な姿勢がきつそうなので、ムネシゲを起こすことにしました。固い所に寝かしたら起きるかな?と寝かせてみたのですが、一向に起きず!!!地蔵のように寝ています。
しばらくムネシゲはそのまま固いところで寝ていたのですが、さすがに寝心地が悪かったのか起きました。
muneokinawa8.png
↑まるで地蔵。

水族館の中はとにかく混んでいて、肩車をしてもらっているムネシゲが一番見やすそうです。本当はもっとじっくり見たいのですが、水槽に張り付く人の多さに諦めてしまいました。人の頭の隙間からちらっと見えればいいやと。クラゲのあたりはそれはそれは凄い人だかりでした。名物のジンベイザメの大きな水槽は床から天井までの大きさだったので、人の頭を気にすることなく、堪能することができました。ジンベイザメの模様はとても美しかったです。同じ水槽に、オニイトマキエイも泳いでいたのですが、横から見るとイルカに似てる?気がします。
muneokinawa9.png
↑海老とガンの飛ばしあい。

館内の生物を見た後は別館のジュゴンやウミガメを見て帰ることにしました。ぱらついていた雨も、止んでいます。この時点で2時半くらいでした。そこで、さらに今帰仁城と名護パイナップルパーク、夕食はふりっぱーというステーキとパイのお店に行くことに決定!!
続く
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3月5日 すっぱ~の巻
2008年03月05日 (水) | 編集 |
ムネシゲはある時からヨーグルトを食べなくなりました。
離乳食の終り頃に、風邪薬をヨーグルトに混ぜたのが原因かもしれません。それ以来、ベビーダノンすら食べようとはしませんでした。口に入れても「オエッ」と出すのです。
さらには、フルーツ類も苦手です。いつかなんて、せっかく加古川の母が用意してくれたブドウを見たとたんに「オエッ」と吐きそうになり、さらにはブドウを突っついていじめる始末。イチゴも吐き出してしまうので、すっぱいものが嫌いなのかと思っていたのですが、バナナも出してしまいます。

で、先日。0号の実家から送ってきたリンゴが余っており、生で食べるにはしんなりしていたのでリンゴのコンポートを作りました。出来上がったコンポートにヨーグルトをかけて食べるのが好きなのです。

出来上がったコンポートにヨーグルトをかけて食べていると、珍しくムネシゲが寄ってきました。ダメ元でヨーグルトを少しムネシゲの口に入れてみました。一瞬変な顔をしたので、思わず0号が「すっぱ~!」と言うと、それが面白かったらしく、ゲラゲラ笑います。そしてまた口をあけながら近寄ってきました。また一口ヨーグルトを口に入れたところで、「すっぱ~!」と言うと、ムネシゲ大笑い。その後も「すっぱ~」聞きたさなのか、口をあけながら近寄ってきて、ヨーグルトとリンゴのコンポートを食べていました。結構な量を食べてましたよ。
これでヨーグルトが好きになってくれればありがたいのですが。
はたしてまた「すっぱ~!」が通用するのかどうか・・・。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3月4日 9月沖縄旅行の思い出2日目
2008年03月04日 (火) | 編集 |
沖縄2日目です。
この日はあいにくの雨だったので、戦跡を巡ることにしました。夫が「この雨でブルーだけど、さらにブルーになるかも知れんで」などと予告します・・・。

まずは腹ごしらえということで、ホテル1階でバイキング形式の朝食をとりました。楽しみにはしていたものの、正直値段も安いしあまり品数はないのかもなと思っていたのですが、これがかなりの充実ぶり!パンを始め、サンドウィッチ、ご飯、おかず6~7品、味噌汁、おしんこ等バラエティ豊かです。おかずも肉や魚、野菜たっぷりの麩チャンプルなど、バランス良さそうなものが揃っています。味も美味しかったですよ。ただ、宿泊客が多いため、朝食コーナーはいつも満員で座る場所を確保するのが大変でした。終了間際に行くと結構空いてます。

おもろまち駅からすぐのDFS内にあるレンタカー屋さんで車を借りたあと、まずは沖縄での必需品を買いにスーパーに行きました。浮き輪やビーチサンダル、ムネシゲのボールなどを購入し、フードコートにあったブルーシールで夫の許可を得てアイスクリームを食べました。妊娠中にアイス食べすぎて体重が激増するほどアイス好きな0号なので、朝っぱらからアイスを食べられるなんて幸せです。夫はチョコミント、0号はコーヒー味のアイスクリームを注文しました。うめぇ!
muneokinawa3.png
↑アイスクリーム前のムネシゲ

買い物を済ませたあと、いよいよ沖縄戦跡です。旧海軍司令部壕は小高い丘の上にありました。受付で入場券を買い求め、壕の中へ。入口にはたくさんの千羽鶴が飾られていました。細長いトンネルを下に向かって進んでいきます。作戦室、幕僚室、指令官室などが枝分かれした坑道の中にありました。0号の実家近くにある鉱山跡の中に似ています。一番印象に残ったのは幕僚室でした。そんなに広くない部屋でしたが、壁にはここで幕僚が自決した際にしようした手榴弾の後が残っていました。他の観光客が携帯で手榴弾痕の写真をバシバシ撮っていたのですが、0号は全くそんな気になれず。人の自殺した跡を写真にとるのは悪趣味な気がして・・・。しかし夫は0号とムネシゲを手榴弾痕の前に立たせ記念写真を撮りました。写真に自殺した幕領の無念の表情とかが写りこんでたらどうすんだ!と気が気でない0号。さっさと済ませてほしかったのですが、何度撮ってもムネシゲが目をつむります。ぎゅうっと閉じているのです。1枚で終わらせたかった写真は結局5枚も撮りました。ムネシゲが幕僚の何かを感じ取ったんじゃないの?!とビビる0号に、夫は偶然だと気にも留めません・・・。
軽く怯えながらトンネルを進んでいきます。
負傷した兵がすし詰め状態で立ったまま眠った部屋などもありました。負傷しているうえに立ったまま寝るなんて・・・。さらに進むと坑道の途中に出口があり、ここから出陣していったのだとわかりました。負傷してもろくな手当もできず、さらには休息をとるにも立ったまま寝るしかない状態で、ここから出陣していくのか。想像を絶します。私たちのように平和な暮らしをしている者には全く想像のつかない世界です。
一か所目ですでに0号は重い気分・・・。

この日はそのほかに平和祈念資料館、ひめゆりの塔、対馬丸記念館なども訪れました。
最も辛かったのはひめゆりの塔。女子高生が陸軍病院の看護要員として動員されたというのですが、私も女子校の生徒だったからか、人事とは思えず亡くなった生徒さんの写真を眺めているうちに涙が出てきてしまったのでした。自分がこの立場にたったらどうするんだろうと想像をめぐらすものの、やはり想像を絶する世界。突然解散命令を出されたら果してどうするんだろうか。逃げるんだろうか。その途中で一緒に逃げる友人が動けなくなったりしたら自分はどうするだろうか。いろんなことを考えました。この記念館には生き残った方々が、館内で解説などされていました。よくぞ生き延びて・・・と思うとまた涙が出てしまうのでした。
対馬丸は子を持つ母として辛い記念館でした。テープやビデオで子供を亡くしてしまったお母さんの悲痛な訴えなどを聞いていると、つい、もしもムネシゲがこんな目にあったらと考えてしまうのでした。そんなこと考えたくもないのですが。

夫の予告どおり、非常に重い、平和について考えさせられる一日でした。降りしきる雨がまた気持ちを重くさせます。

ただ、お昼にたべた沖縄そばは非常においしかったです!
ひめゆりの塔の向いにある、雪花菜(せっかな)というお店で沖縄そばとソーキそば、ばくだんおにぎりを食べました。そばは普通のと、ドラゴンフルーツを練りこんだ麺があります。
沖縄そばのダシうまい!ムネシゲもパクパク食べてました。
http://www.sekkana.com/foods.html
↑雪花菜のホームページ
muneokinawa4.png

↑手前が沖縄そばで奥がソーキそば
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3月2日 モト君と遊ぶの巻
2008年03月03日 (月) | 編集 |
今日は0号の書道の先輩のおうちにお邪魔しました。ムネシゲの永遠のライバル、モト君のおうちです。
0号の書道の作品作りもあと1か月を残すところとなったのですが、ムネシゲが去年より格段に行動力を増してしまったため、全然作品作りができていません。起きているときに書くのなんて無理。
硯に手を出し、筆をつかもうとします。お手本に手を出さないだけましですが、時間の問題でしょう・・・。
ということで、モト君のおうちにお邪魔してムネシゲの面倒をみてもらいつつ、0号の作品作りを見てもらうことにしました。
久しぶりに会うモト君ですが、ちょっと無言で見つめあうくらいで、すぐに打ち解けた様子。二人のお兄ちゃんたちも、「ムネシゲ~!!」とほっぺたをつついたりしてくれます。作品作りはモト君の住む団地の集会所でさせてもらいました。

集会所は広いので、おんぶから解放されたムネシゲはすぐにモト君とお兄ちゃんたちと走りまわっていました。モト君ママは0号が作品作りをしている間に遊ぶようにと、ブロックを持ってきてくれており、モト君とムネシゲはすぐにブロックに夢中です。
そのすきに0号は別室で練習しようと思ったのですが、ムネシゲはあっという間に0号がいないことに気づいてしまいました・・・。ワンワン泣きながらモト君ママに抱っこされて0号の所にやってくるムネシゲ。ぬぅ~、書けない・・・。
どんなにこっそり抜け出してもムネシゲに気付かれてしまうので、一か八かおんぶして書いてみることにしました。が、最初こそ珍しそうに0号の肩越しに0号の筆使いを眺めていたのですが、3文字も書くと飽きてきたのか足をブラブラするムネシゲ。足をブラブラしたら、0号の体が揺れて字がぶるぶるしてしまいました。結局4文字目でリタイアです。仕方がないので、ムネシゲにおっぱいを飲ませて寝せる作戦に出ることにしました。その間はモト君ママとおしゃべりです。久しぶりに外部の人とおしゃべりしたなぁ・・・。楽しいなぁ!
20分もするとムネシゲは完全に寝てしまい、集会所の和室に寝かせました。

そこからはもう!無心で筆を走らせる0号!
おかげで4枚書くことができました。そのうちの2枚に名前を書いて、モト君ママに託すことにしました。モト君ママは師範の授業があるので、0号が書道教室に行くよりも先に先生にお会いするのです。
この時期なら本当は墨を水から磨って本紙に書きはじめるのですが、ちょっと練習が足りません。1回でも多く先生に添削していただいて、悪いところは直していかないと!!

っていうか、軽く2時間はかかる、水からの墨磨りはいつできるんだろう?!
夜更かしムネシゲの早寝促進から取り掛からなければと決意する0号でした。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
3月2日 夫の感動の巻
2008年03月02日 (日) | 編集 |
少し前からですが、ムネシゲは取ってほしいものがあると、大人の手を引いてその場所まで連れて行きます。で、連れてきた大人の手を上の方に放って目当ての物を取らせようとするのです。その役割は昼間は0号。夫が帰宅してからは夫になります。

うちのテレビの上には、ムネシゲや私たちの写真と、阪神時代の新庄のサインボールなどが置かれているのです。おとといのムネシゲはそのうちのどれかが欲しかったようで、近くにいた夫の手を引いてテレビの前まで連れて行きました。
夫は「ムネシゲにあげられるような物なんかない~」と言い聞かせるのですが、ムネシゲは全く諦める様子がなく、夫の手をテレビの上の方へと放ります。仕方なく夫は、小さな猫の置物をムネシゲに渡すことにしました。すると、ムネシゲはそれを受け取ったとたんに「な~おぅ、あ~おぅ」と猫の鳴き声の真似を始めたのです。
これには夫が感動!!「妻、妻!ムネシゲに猫のおもちゃを与えたら、猫のマネしだしたで!これをムネシゲ日記に書くねん!!!」と0号を急かします。
「ああ、結構前から猫見ると鳴いてるよ」と0号が言いましたが、「いや、日記に書くねん!」と夫。

ということで、今日の日記の内容と相成りました(笑)
うちの夫、よほど感動したのでしょう。ムネシゲの成長が感じられたから。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。