衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月28日 ややこしや~の巻
2008年02月28日 (木) | 編集 |
今日、生協に買い物に行って帰ってきてから、ムネシゲに教育テレビの「にほんごであそぼ」を見せてました。
0号はその間、ちょっと台所で買ってきたものの整理などしていたのですが、急にムネシゲの泣き声が聞こえてきました。「どうした?」とムネシゲの方をみると、テレビの画面では0号の好きな野村萬斎が「ややこしや~、ややこしや」と歌いながら踊っています。

そういえば先日、同じ番組で同じく野村萬斎が風の又三郎の「どっどど、どどうど、どどうど、どどぉ~!」と言いながらジリジリとこちら側に寄ってくるのを見ていたのですが、ムネシゲがそれを見ておびえていたのを思い出しました。野村氏がちょっと怖い笑みを浮かべ「どっどど」と言いながらにじり寄ってくる上、声の感じも低くて、ムネシゲには怖く感じたのかもしれません。

0号がムネシゲの所へ行くと、慌てながら0号にしがみついてきました。目には涙。怖いけど気になるので、0号の体にしがみつきながら、横目で見ているのでした。
ムネシゲよ、野村萬斎に負けるな!
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月27日 最近のパワーアップの巻
2008年02月27日 (水) | 編集 |
ムネシゲの最近のパワーアップと言えば、乗物を見るとその種類の音をマネするようになりました。去年の誕生日にAっぺが乗り物と動物の絵本を贈ってくれたのですが、ムネシゲは乗り物の絵本がお気に入りで毎日のように0号に読ませ、眺めているのです。また、正月には加古川の父がボタンを押すと乗り物の音がなる絵本を買ってくれて、それも毎日のように鳴らしています。そのおかげで乗り物の音がわかるようになったのでしょう。

街で車を見れば「ぶっぶー」。家の中で車のおもちゃで遊ぶ時も、走らせながら「ぶっぶー、ぶっぶー」と言っています。
先日飛行機にのって、飛行機のおもちゃをもらってきたのですが、それで遊ぶ時は「きーん、きーん」と言いながら飛ばします。最近イージス艦の事故のせいで船がテレビに映ることが多いのですが、その時には「ぼ-、ぼー」と言ってます。
乗物に興味を示すなんて、男の子らしいなと思いながら見ています。

また、この前0号が夫の背中と肩をマッサージしていたところ、ムネシゲが寄ってきました。いつもマッサージしているときにはやってきて、夫の体をさすります。じゃあ今日は肩たたきをしてみようかなと思って0号が夫の肩をトントン叩くと、ムネシゲも一緒にこぶしを握ってトントンと夫の肩を叩き出しました。夫大感激!
いろんなことをマネするようになってきたなぁと0号も感激です。

で、今この文を書いているときですが、ムネシゲが後ろに飛びついてきて、肩をグーでトントンと叩いてくれました!うれしぃ~!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月26日 再会の巻
2008年02月26日 (火) | 編集 |
今日は新宿にてKさんとランチしてきました。Kさんは0号が新人の時に、港区司令部で後ろの席に座っていた女性です。
翌年にKさんは会社を辞めてしまったので、それ以来なのです。年賀状は毎年やりとりしていたため、Kさんが同じ会社だった方と結婚したことや、娘さんが生まれたことなどは知っていました。

ルミネのカフェで待ち合わせをしましたが、これから家を出るぞという時にムネシゲが派手にウンチしてくれたため、我々は少々の遅刻。申し訳ありません・・・。

Kさんは8年前と全然変わっておらず、遅刻したムネシゲと0号を笑顔で迎えてくれました。ふとおなかを見ると、Kさんのお腹が大きい!そういえば妊娠中と聞いたのですが、こんなに大きなおなかだったとは。しかも今日も仕事関係で新宿にきていたはず。聞くと、もう9か月!!9か月なのに週一で新宿に来て、たまに広尾にも行ってるのとKさんは笑いながら言ってました。ほお~、なんてアクティブな妊婦さん!

で、ムネシゲはというと。やはり人見知りしてました。ムネシゲは目の大きな人と、ヒゲが苦手と言われていますが、Kさんは目の大きな人なのでちょっとビビっていたのでしょう。見られるとごちゃごちゃ文句言うくせに、自分はじーっと見ていました。
Kさんは朗らかでさっぱりした人なので、ムネシゲがそんな様子でも全く気にせず「なんだコイツ~って思ってる?」などと話しかけてくれました。

ムネシゲは人が多いのと、Kさんに意識がいってしまっていたためか、ギュッと口を結んで全然ご飯をたべませんでした。食べずに箸で茶碗をたたいたりするので、Kさんと0号は急いで食事をかき込みカフェを出ました。

カフェを出た後はファストフードでお茶。ムネシゲにはポテトを与えてみました。結構お気に入りの様子です。その間Kさんと0号は港区司令部時代の話に花を咲かせました。2号が赤ちゃんを産んだ話や、会社を辞めた人の話など。8年の間にはいろいろありましたなぁ。当時の港区司令部メンバーはほとんど辞めてしまい残ってません。ちなみに0号の出産時の話をしたらKさんは25時間もかかったことに驚いていました。Kさんは無痛分娩だったそうです。今度の赤ちゃんも無痛分娩で産むつもりだから「私には耐えられないわ!」とびっくりしていました。世の中、出産の仕方も人それぞれですね。

Kさんは娘さんのお迎えがあるので、2時間半ほど一緒に過ごして別れました。人見知りムネシゲは最後の最後、Kさんと駅で別れる時にバイバイと手を振っていました。打ち解けたのかそうでないのか。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月25日 夜泣きムネシゲの巻
2008年02月25日 (月) | 編集 |
20日に夫とムネシゲが熱を出しました。
二人とも39度越えです。夫はふらふらで動けず、ムネシゲは昼間は元気にしていたものの夜中になるにつれだんだん熱が上がりグッタリ。夜中には体をちょっと触っただけで「熱っ!」と驚くほどホカホカ状態になっていたので、脳を守るために明け方までムネシゲの頭を氷で冷やし続けました。ムネシゲは寝相が悪いので、ときどき見ないと氷がどこかに行ってしまいます。

翌日には二人とも微熱くらいまでに下がりました。夫はなんとか復活し、夕方だけ仕事に行ったりしていました。ムネシゲは額を触ると少し熱いと感じるものの、元気に遊んでいるためこのまま復活かな?と安心していました。

ところが。
夜中に猛烈な夜泣き。いつもの「ん~ま~」ではありません。あきらかに異常を示すような「ぎゃぁあぁ~!」という泣き声です。「どうしたの!どうしたの!」と問いかけても泣くばかり。少し眠ってはギャア~と泣いて起きるの繰り返しです。挙句の果てには、座って泣いてました・・・。体調の悪さのあまり悪夢でも見ているのでしょうか。最後は泣き疲れて寝てしまっていました。
夜泣きは21日の夜が一番ひどく、それ以降徐々におさまってきてはいます。それにしても夜中ムネシゲの夢の中ではいったい何が起こっているのか?!ほんと、ちびっこが苦しむというのはかわいそうで見ていられません。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月19日 ゲレンデデビューの巻
2008年02月19日 (火) | 編集 |
こないだの土日、夫の職場の人たちとスキー旅行に行ってまいりました。
3シーズンぶりのスキーはとても楽しみで、準備段階から0号もウキウキ。ムネシゲのスキーウェアもネットで買い求め、準備万端です。

初日にピラタス蓼科、次の日はしらかば2in1に行きました。ムネシゲはN谷さんからそりを借りて、ちびっこ広場でそりすべりです。そり初体験のムネシゲは夫と一緒にそりに乗ると無表情で降りてきました。た、楽しくないのか?まあ、嫌でもなさそうなのですが、寒さがキツイのかムネシゲの表情はこわばっています。おまけに手袋が毛糸だったので、手が冷たくて泣いていました。来年はちゃんと防水の手袋を用意してあげないとと反省。

寒さには弱いものの、雪遊びは嫌いじゃないようで、そりで滑り降りると自分からどんどん山を登っていきます。夫や0号がスキーを履いて、ムネシゲを抱えて滑り降りたときもそうでした。

リフトにはスキーを履かない子供を乗せられないので、夫と0号とムネシゲの3人で滑ることはできませんでしたが、3歳くらいになったらミニスキーを履かせてスキーデビューさせられるかな?
muneyukiyama2.png
↑オレンジなむねしげ
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月14日 真似をするの巻
2008年02月15日 (金) | 編集 |
ムネシゲが大人の言葉をマネするようになってきました。
先日羽田空港からバスで帰る途中、たくさんリムジンバスが走っていたので、「バスだよ、バス」と教えると、「ばぷ?」と言っていました。そうか、「す」が「ぷ」に聞こえたんだね、とほほえましく思っていましたが、今日またバスを見かけて「ほらバス!」とムネシゲに教えると「バトゥ?」と言っていました。

だーとぅ、だった「どうぞ」もはっきり「どうぞぉ?」と言えるようになりました。相変わらず、ありがとうは「だーとぅ」ですが・・・。
うかつな話ができなくなってきたなぁと思う今日この頃です。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月13日 じーちゃ!の巻
2008年02月13日 (水) | 編集 |
3連休を利用して実家に帰ってきました。3か月ちょっとぶりです。
今回は妹夫婦も同じタイミングで帰省していたのでとても賑やかでした。

久しぶりに会う0号の両親にムネシゲがどんな反応を示すのかヒヤヒヤです。最近人見知りが激しくて、恥ずかしさのあまり怒り、0号を叩くんです。
いざ対面してみると、やはり人見知りして怒るので急いで母にプラスチックのコップを二つ用意してもらい、父とムネシゲに持たせて「カンパーイ!」をやってもらいました。固めの盃ではないですが、「かんぱーい」と言いながらコップをぶつけるとムネシゲはその人にちょっと馴れるのです。最初は黙ってコップをぶつけていましたが、そのうち「だーい!(乾杯の意)」と言いながら笑顔でガツンガツンぶつけだしました。

妹夫婦や0号の両親にたくさん遊んでもらい、すっかり馴れたムネシゲは色んな技を披露していました。例の「いだいやーい、だっ!」も披露です。あとは、呼ばれると手をあげて「だーい!」と返事をしたり、戸を開け閉めしながら「だいだーい(バイバイの意)」と手を振ったりしていました。むしろ実家で上達しています。
そして、0号が1週間前からムネシゲに猛特訓させた「じいちゃん」も頻繁に口に出していました。用はないのですが、「じーちゃ!じーちゃ!じちゃー!」と連呼。父はそのたびに「はあい、なあに?」と返事していました。ちなみにムネシゲはまだ「かあさん」とは言いません。

今回は3泊4日だったので、せっかく馴れたなぁというころに帰ることになってしまいました。帰りに空港へ送ってもらう車の中でも、助手席に乗る父の肩をトントンと叩きながら「じーちゃ!じーしゃん!」と連呼していました。じーちゃんばかりで「ばーちゃん」と呼ばれない母に「ちょっと残念だね」と言うと「お父さんが一番楽しみにしているんだから、いいんだよ。」と嬉しそうに言ってました。
じーちゃんじーちゃん言われて父もリハビリを一層頑張る気になったことでしょう。

muneoodate1.png

↑かまってもらって嬉しそうなムネシゲ
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月8日 かんしゃくムネシゲの巻
2008年02月08日 (金) | 編集 |
最近ムネシゲはかんしゃくを起こします。
自分の思い通りに物事が運ばないと、0号や夫、机などをバンバン叩いて怒るのです。自分で自分の頭をたたいたりもします。先日覚えたカズダンスもどきで足をふみならして怒ることもあり、その怒りの表現は様々。

ムネシゲの手は大きい上に指が太いからか、叩かれると半端ない痛さです。子どもなんで手加減を知りませんしね。それで鼻なんか叩かれた日には涙だって出ます。私たちをたたく分には構いませんが、よその子をたたいたりしたら大変です。力士の張り手を一般人が食らうぐらいの衝撃があるかも・・・。

育児書などを見ると、どうやらかんしゃくを起こす子も出てくるというのがわかったので、言葉が話せるようになったり、時期がくればおさまるのかなとも思うのです。が、問題は今。今どうするかなんですねぇ。ダメなものはダメとちゃんと言い聞かせないとなと思っています。あんまりダメダメいうのもなぁ・・・。うーん、試行錯誤の毎日です。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月7日 うれしくなっちゃうな~あ!の巻
2008年02月07日 (木) | 編集 |
昼ごろ、何の気なしにNHK教育のいないいないばあの「ぐるぐるどかーん」を口ずさんでいました。すると、「うれしくなっちゃうな~あ!」の「な~あ!」の部分でムネシゲが「だ~あ!」と一緒に歌っていることに気が付きました。
おや!と思い、何度か「楽しくなっちゃうな~あ!」とか「うれしくなっちゃうな~あ!」と歌ってみると、そのつどムネシゲが「だ~あ!」と合わせていました。

親ばかではありますが、「うわっ、カワイイ!」と思ってしまいました。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月7日 注射の巻
2008年02月07日 (木) | 編集 |
昨日ムネシゲはインフルエンザワクチンを打ってきました。

最近お世話になっている近所の病院は、まるで宮崎駿ワールドです。受付には巨大なトトロのぬいぐるみ、診察室には巨大なネコバス。いたるところにちっちゃいトトロがいて、病院にいることを忘れさせます。
そういう演出もあってか、ムネシゲは病院の中に入ってもとくに嫌がりません。

この日も少しだけ待ち時間があったので、ネコバスの中にはいった積み木で遊びました。これから注射するなんて予想もしていないんでしょう。
「ムネシゲく~ん!」と先生から呼ばれ、診察室に入ってもムネシゲは機嫌よくにこにこしていました。「だーい」などと発言しています。
聴診器をあてられても楽しそう。

いよいよ注射の用意がされ、おしりが出されました。「お母さんしっかり押さえててください」と先生から指示があり、0号はムネシゲをギュッと抱きしめました。
ムネシゲはその辺で何かがおかしいと感じたのでしょう。顔が少しこわばっています。
先生がちくっとお尻に針を刺した瞬間、「あ、今日はちょっと痛かったかな?」
その声と同時にムネシゲがブルルンと震え、「わーん!」と泣き出しました。おしりのわりには痛かったのでしょう。10秒ほど泣いたものの、ムネシゲはすぐに泣きやみました。

診察室を出る頃にはもうすっかり機嫌が直り、先生にバイバイをしていました。

うちの母によると、0号が赤ちゃんのころは注射を打つと少し遅れて「ふえ~ん」と泣いたそうです。
ムネシゲもあんまり泣かないところを見ると、0号に似たのかもしれません。夫がどうだったかはまだ聞いてないですが。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
2月6日 いだいや~いの巻
2008年02月06日 (水) | 編集 |
今年に入ってから、だんだん言葉らしきものを発するようになったムネシゲ。
しかし、言葉の始まりはすべて「だ」でした。言いやすいのか、なんなのか。
返事も「だーい」ですし、乾杯も「だーい」。ありがとうも、どうぞも「だーとぅ」です。

そんなムネシゲが最近、「いないいないばあ」と思われる言葉を言い出しました。先週あたりは「だいや~い、だぁ!」と顔を隠しながら言っていたのですが、今週に入り、「いだいや~い、だぁ!」に変わりました。ついに「だ」からの脱却です!あっぱれ!
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。