衛生兵0号のジュニア「ムネシゲ」の誕生からの徒然雑感
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月8日 秋田へ里帰りの巻
2007年02月28日 (水) | 編集 |
7月8日。いよいよ里帰りです。
今日は飛行機で秋田空港へ向かいます。実は秋田市にあるこまちスタジアムでヤクルト阪神戦があるのです。9日のデーゲームを観戦してから実家に帰ることにしました。

妊婦が飛行機に乗る場合、予定日に近くなるといろいろな制約が出てきます。0号の場合、予定日まで1ヶ月以上あるため、特に提出する書類もありませんでしたが、予定日の28日前からは医師の診断書や、医師の同伴などが必要になってくるようです。

ちなみにこの日使った全日空はこんな感じ。
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rakunori/family/annai.html

また、妊婦やちびっ子連れ等の場合は、先に飛行機に搭乗できるサービスがあるのですが、今回は搭乗口からさらにリムジンバスに乗って飛行機まで移動するため、あまり先に改札する意味はありませんでした。バスの座席に座れたってだけです。ま、立って乗るよりはマシですが。

さて、今日は高校時代の剣道部の友人たちに秋田で会う約束をしていました。
待ち合わせの喫茶店に行って見ると、H子がきています。そーっと近づいて「H子!」と声をかけると「うおぉ!0号!わぁ!おなか大きい!」ととても驚いていました。
続いて最近出産したこまりんがやってきました。今日は赤ちゃんをお母さんに預けてきたそうです。そして最後にひとっさんがやってきました。皆0号のお腹が大きいことに驚いていました。2年ぶりに再会したのに、全くそういうブランクを感じません。そういえば高校生のころは、毎日会っているのに部活が終わっても、いつまでも話をして、手紙まで書いていたなあなんて思い出していました。0号が妊娠しているため、酒こそ飲めませんでしたが、また酒が飲めるようになったら是非このメンバーで一緒に飲みたいものです。
ムネシゲも話の輪の中に参加しているかのように、始終グネグネ動いていました。話が聞こえてたのかな?
スポンサーサイト
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
7月7日 助産院での最後の健診の巻
2007年02月28日 (水) | 編集 |
7月7日。今日で助産院での健診もおしまいです。明日から秋田へ帰省するのです。
この日は七夕だったので、健診を受けに来た妊婦さんが短冊を書いていました。0号も渡され何を書こうかなあと思案し、「次の子はここで産めますように!」と書きました。

健診では、ベテラン助産師Yさんが「明日帰省するんだっけ?素敵なお産ができるといいわね!元気な赤ちゃんを無事に産んでね!」と言ってくれました。母子手帳にもそう書いてくださり、天使のスタンプを押していてくれました。また、もう一人の助産師さんは「がんばってね!」と0号をぎゅっと抱きしめてくれました。
やっぱりこの助産院、大好きだなあ。織姫と彦星にもお願いしましたが、次に赤ちゃんができたらぜひともここで産みたいものです。
帰りに近くに住む先輩Aさんと待ち合わせて、食事して帰りました。Aさんは結婚したばかりで、赤ちゃん欲しいなあという話をしていたので、赤ちゃんを授かったらこの助産院で産んでくださいよ、と薦めてきました。

いよいよ明日から帰省。唯一の気がかりは、0号の里帰り中に家の中が夫によって散らかされないかということだけです・・・。
テーマ:育児日記
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。